ニュース

旭川市の1人は"愛知県在住" アルゼンチン国籍の50代女性…感染経路は不明 滞在5日目に発症

旭川市の1人は"愛知県在住" アルゼンチン国籍の50代女性…感染経路は不明 滞在5日目に発症

北海道旭川市は7月30日、新たに新型コロナウイルスに感染した1人の詳細を発表しました。

50代女性 アルゼンチン国籍 愛知県在住

7月28日に肩の痛みや嗅覚障害の症状があらわれ、29日に陽性と判明しました。

海外渡航歴はなく、感染経路は不明です。

旭川市によりますと、女性は7月24日に1人で新千歳空港を経由し旭川市に入り、滞在5日目で症状が出たということです。

旭川市に来た理由は明らかにしていませんが、女性は常時マスクを着用し、不特定多数の人が集まる飲食店なども利用はしていないということです。

症状が出た28日以降は外出せず、市内の医療機関に入院中です。

旭川市は行動歴の調査を進めるとしています。

30日は札幌市で7人、胆振地方で1人の感染が確認されていて、あわせて9人。

北海道内での感染者は、計1394人となっています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2a0f6e5f84037b4ee76a44964c96235173025a78

 

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.