ニュース

"話していていいのか"走行中の列車内で運転士の研修指導担当の運転士に何度もクレーム…列車停止トラブル

"話していていいのか"走行中の列車内で運転士の研修指導担当の運転士に何度もクレーム…列車停止トラブル

走行中の列車内で、30代の男性客が運転士に何度もクレームをつけ、列車が停止し運行が約40分遅れるトラブルがありました。

JR北海道や警察によりますと、10月28日午前8時すぎ、JR宗谷線 名寄発旭川行きの快速列車内で、研修中の男性運転士が乗務室に入り運転し、先輩運転士が室外から指導中、30代の男性客が指導する運転士に「なんで運転士が話しているのか?運転中話していていいのか?」との趣旨の苦情を何度も言いました。

指導する運転士は安全な走行に支障が出ると判断。剣淵駅と和寒駅の間を走行中に列車を止め、JRの指令センターを通じ警察に通報しました。

和寒駅に到着後も車内で男性客と指導する運転士のやり取りが続き、男性は警察署で事情を聞かれ、すでに帰宅しているということです。

JR北海道は「当時指導する運転士が研修の運転士に対し、サポートや注意点などを伝える一環で会話があり、正当なやりとりが交わされていた」としています。

一連のトラブルで、快速列車には37分の遅れが出て、約30人に影響が出ました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/74de4d287b2db6f906698403620c82ee0308d9fc

この記事の反応

・こういった迷惑客には、列車遅延に伴う損害をしっかり請求すべき。
自分は客だから何をしてもいい、と勘違いし、身勝手な正義感を振り回す輩が多すぎる。
請求しても払わない可能性が高いけど、しっかり裁判で決着をつけてもよいと思う。

・場合によると裁判なのに、凄い蛮勇だ。人数は少ないが、金額はそれでもお高いでしょうね

・R北海道は損害請求した方がええよ。
裁判起こして。
自分が会社で研修受ける時に講師(上司)が話してても、勤務中に無駄話するなっていうタイプかな。
一つ言えるのは論外。

・説明しても理解しない。執拗にクレームをつけてくるので、警察に引き渡すのも当たり前。他の乗客が気の毒だ。

・首都圏だったら大変な事になってたでしょうね。
運転中の会話が危険だと思いクレームをいれたんでしょうが逆にそれが安全運行の妨げになる事がわからない自己満ヒーローなのでしょう。指導員は良い判断でした。研修運転士も貴重な経験でした。
(対処法や回復運転など)今後に活かして頑張ってください! 私はJR北海道を応援します!

・ちょっとクレームの意味がわからない。
一度説明されたら納得できることでしょう。

・何で帰宅してるのよ、適当なことしてみんなに迷惑掛けてるのに意味わからない

・走行中にクレームは危ないだろ!
会話の内容を理解せずにクレーム入れるなよ。
会話がなかったら逆に危ないぞ!
もしかして運転士に嫉妬してクレーム入れたのかな?
自動車学校でも最低限の会話はあるよ。

・運転中の会話が全て私的な無駄話だと勘違いし、それをJR側にクレームをいてたところ、「申し訳ありませんでした、今後、注意するよう指導します」とでも言われて、調子に乗った自己満クレーマー。

運悪く、それが見習い運転士でそれを指導していた運転士との会話。

無駄話ではなく業務上必要な会話なのに、必要以上に迫り、危機的状況と判断した指導運転士が緊急停止して安全を確保したところだろう。

電車を止めるほど危機と感じたのなら犯罪としか言いようがない上に、乗っていた乗客の損害は相当なもの。

乗客も損害賠償をこの、クレーマーにすべきでは?

・日本のすべての企業及びお店は、馬鹿クレーマーを怖がりすぎている。こういう輩は100人~1000人に1人位のイレギュラーなのだから切り捨てるつもりで、「もう乗りに来ないでくれ」、「もう買いに来ないでくれ」、「もう食べに来ないでくれ」、「もう二度と来ないでくれ」という対応でいい。残りの普通のまともな99%のお客と働く人を大事にしてほしい。そうじゃないと馬鹿クレーマーがはびこる本当に変な世の中になる。

 

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.