ニュース

農業土木工事の入札情報漏らした疑い 36歳の道職員の男を逮捕

旭川東警察署に入る山田容疑者(4日午後5時半ころ)

道が発注した工事で、特定の業者に入札情報を漏らした疑いで、36歳の道職員の男が逮捕されました。

道農地整備課の山田修(やまだ・おさむ)容疑者は、胆振総合振興局に勤務していた、おととし、厚真町の農業土木工事の一般競争入札で、特定の業者に工事価格の情報を漏らした官製談合防止法違反などの疑いで、4日、逮捕されました。

落札した業者の2人も逮捕されました。

警察は認否を明らかにしていません。

胆振総合振興局の農業土木工事をめぐっては、山田容疑者と同じ係だった佐藤清志(さとう・きよし)被告が、先月、官製談合の罪で起訴されています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5c505c611f80e438263a2e6f457bd29d77476e0

この記事の反応

・談合なんて当たり前の事だと思わないと。
道も市も民間業者も。
談合しないと仕事が終わらないとか発生しますからね。

・お相手は何処ですか
苫小牧の建設会社だそうですが。最終的には、贈収賄の罪になって、社名も出るんでしょうね。

・落札価格って関係ない時代でしょ
積算もできない企業がまだ存在するんだな。田舎は。

・こういう事もあるのに、自民党は、公務員に副業させようとしているんだよなぁ

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.