ニュース

まるで「アナ雪」の世界観 新型コロナの影響で閉館となった旭川「雪の美術館」復活を望む声、ネットで広まる

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、様々な美術館や博物館、観光施設が休館するなど、苦しい経営状況に。中には閉館を余儀なくされる施設も現れた。

そのうちの一つ、北海道旭川市の観光施設「雪の美術館」を復活を望む声がネット上で広がっている。

「雪の美術館」は、雪の結晶をテーマにした美しくファンタジックなミュージアム。

ヨーロッパの城のような外観で、館内は雪や霜の造形を徹底的に再現。ディズニー映画「アナと雪の女王」の世界観に似ていることから人気を博していたが、今年6月で閉館となっていた。

そんな「雪の美術館」を復活させようと、気象学者の荒木健太郎さん(@arakencloud)が同施設の写真をアップ。

顕微鏡撮影した約200枚の雪の結晶を天井から壁一面にステンドグラス状に展示した「スノークリスタルミュージアム」や、野外音楽堂をコンセプトに天井に「北の空」という巨大な油絵が描かれた結婚式場などを紹介し、「美術館の魅力が広まれば再開の可能性が高まるとのこと。どうぞよろしくお願いします」と呼びかけている。

この投稿に多くのネットユーザーが反応し、16.5万件以上のいいねが殺到。リツイートも現段階で9.4万以上されており、広まりを見せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/55dd55521f28d0fbb995fdfa56e6ec70948bbd73

この記事の反応

・確かに綺麗だし残す価値がある施設なんだけど・・・どうにも市役所や上の方が動かない。このままなら二束三文で売却か塩漬けが確定。市長はどうにも鑑定とか見極め、決断に乏しいみたいです。まあ、つぎは国会議員だから観る暇がないのが本音でしょうが

・素敵な施設かもしれないけど維持費が高額らしい。
3年前くらいに行ったらアンティークのランプが置かれてて確か1つ40万とかだったし(そんな感じのがあちこちに)、優佳良織があちこちに使われてたり、まあこだわってるのはすごくよく分かるけどこだわり過ぎちゃったかなーって感じ。
アナ雪で流行った頃は良かったけど、ブームが去ったら忘れ去られて中国人のツアー客が昼食で来る程度。
わたしがランチで行った時は2時間くらいいたはずなのに他に客が来なかった。
美術館なんてほんとに客が来なかったらしい。
ドレス着る人も少ないし、土産物もあまり売れない。
動物園フィーバーの終わった旭川市には厳しいのです。

・旭川市民でも行ったことある人は少ない不人気施設。全く興味なかったけど、残して欲しいと言われるくらい良い施設なんだね。人が入らないのはPRの仕方が悪いからかな?

・雪女と蟹を食うという漫画に出てるので、もし復活したらファンの方々が訪れるだろうし私も行きたいです。

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.