ニュース

突然発生…病院内クラスターで39人感染4人死亡 どこまで拡大?医療関係者の不安 旭川市

クラスターが相次ぎ患者が急増している旭川。病床がひっ迫する医療現場で、感染を封じ込める闘いが続けられています。

「当病院において新型コロナウイルスのクラスター発生が確認された」(吉田病院・馬場勝義院長)

旭川で、初めて医療機関でのクラスターが発生した「吉田病院」。

12日までに患者や職員など、あわせて39人が感染し、患者4人が死亡しました。

吉田病院によりますと、感染者のほとんどは、6階の病棟の患者と職員です。

濃厚接触者、およそ1000人のPCR検査の実施とともに、感染者の隔離、消毒を徹底するなど対策に追われています。

市立旭川病院は、感染患者を真っ先に受け入れる感染症指定病院です。

クラスターの発生などで急増した患者の受け入れは、一般病棟の看護スタッフの応援で乗り切りました。

「これまで、当病院では、6床態勢でコロナ患者を受け入れてきたところなんですけど、今月11日から42床態勢に増床しまして、より受け入れ患者を多くできる態勢をつくっている」(市立旭川病院・浅利豪事務局長)

市立旭川病院は、新たに陰圧機2台を導入し、11日、隔離病棟のゾーニングを終え、およそ20人の患者を受け入れています。

患者の受け入れに追われながらも、速やかに対応できた理由は、市内の5つの中核病院で、2月に策定した「対応マニュアル」でした。

「流行状況に合わせた病床の確保や症状に合わせた病院の対応、透析患者や妊婦、子どもなど、細かく対応を分けまして5つの病院で対応することになっている」(市立旭川病院・浅利豪事務局長)

感染者の増加を受けて、5つの病院の病床をおよそ100床に増やし、患者の受け入れ態勢を強化しました。それでも不安は隠せません。

「人数が多いクラスターが起きることは、ちょっと想定していなかった。今後こういったことが続いていくということになれば、宿泊療養施設の活用も含めた中で地域全体としての対応が求められるのではないかな」(市立旭川病院・浅利豪事務局長)

感染拡大を食い止めるため、医療機関どうしの連携が続きます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bcdb4deec0091f8a2a6f4940fd3fca59437c0d2e

 

この記事の反応

・今日の報道ステーションで出ていました。
ほんと、皆さんの使命感には涙が出てきました
どうか、皆さん方も体には十二分に気をつけてください 感謝

・ニュースで「若者は軽症、または無症状感染が多い」とか「感染者が多い年代は」って言ってるけど、あまり言わないほうがいいと思う。
そんなことを言うから、若者が飲み歩いたりするんだよ。
「感染させると自らの生活に影響がある。とにかく感染させないための行動」をもっと伝えるべきだと思う。

・5階には緩和病棟もある。以前、母親が入院した際、とてもお世話になった病院です。親身な看護師さんばかりで本当に支えになってくれた事を思い出します。頑張って乗り切って欲しい。

・医療機関がいくら頑張っても政府が患者を増やしているからキリがないよね

・コロナの最前線で頑張っている人たちがいる。
それでも感染してしまうのは残念だし、悔しい。

こんなニュースが出ても、まだ感染対策しない人、飲みに行く人、密になる人、マスクしない人がいる事には苛立ちしかない。
そんなヤツに限って「給付金出せ!」って言うんだよな。

・旭川も感染拡大で医療大変ですね
症状の軽い方は発症病院で見るのかと思っていましたが搬送していたのですね
発症した病院も受け入れ病院も大変
頑張ってくださっている方が体を壊しません様に

・旭川の実態を理解して思う事はコロナの1番の被害者はそれを支える医療スタッフの方々だなと気付いた事です、経済活性化を謳い旅行と食事を勧める政府は病床が空いてるんだから何も問題ないだろうと危機感を持っているふりだけしてコロナを抑える気持ちは皆無です。
お願いです、医療関係者は無理しないで下さい、自分の健康と命を守って下さい、命の選択をしなければならない所まで来ているのだから。
経済はコロナが縮小させた事に気がついていないのでしょう、私には経済第一を叫ぶ人は自分の首を締めてる様にしか見えません。

・突然発生…
そうなんだけれど、旭川には確実に札幌で会食や飲み会した人が持ち込んだよね。
今は市中感染が広がってどこで感染するかわからないと言うけれど、少し前に知り合いの知り合いで感染した人はどの人も会食してたり飲み会等々行ってる人ばかりだったよ。

・今朝の北海道新聞では、旭川医大の受入れが鈍い?記事が出てましたが、旭川市は大型のクラスターを想定していない事は非常にまずいと思います。感染が増加している現状ですのでホテルの借り上げとか、暖房設備の公共施設使用検討も進めていくべきだ。

・旭川市は2月には市内5つの基幹病院が連携し感染拡大対策の準備をされていたのですよね。新聞で知り心強く思っていました。それでも医療現場はひっ迫する。コロナも憎いけど感染対策を疎かにする人も確実にいて残念な気持ちになる時がある。医療現場や職場やあらゆる場所でコロナと向き合い奮闘している人達の努力を無駄にしないためにも、感染対策に心掛けたいと思います。

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況

旭川市のコロナ発生状況 11月23日現在

スマホの方は左右にスクロールしてご覧ください。 NO. 判明日 年代 年代 居住地 補足 1 2月22日 70代 男性 飲食店オーナー 有限会社 北海道井泉 2 2月23日 30代 男性 会社員 - ...

続きを見る

崩壊寸前 医療現場の実態 旭川赤十字病院

感染拡大が続くと心配なのが医療崩壊です。大規模な病院クラスターが発生した旭川市。旭川赤十字病院の直面している医療現場の現実です。 コロナ患者の治療にあたる旭川赤十字病院。牧野憲一院長は「今の段階で受け ...

続きを見る

突然発生…病院内クラスターで39人感染4人死亡 どこまで拡大?医療関係者の不安 旭川市

クラスターが相次ぎ患者が急増している旭川。病床がひっ迫する医療現場で、感染を封じ込める闘いが続けられています。 「当病院において新型コロナウイルスのクラスター発生が確認された」(吉田病院・馬場勝義院長 ...

続きを見る

おすすめの記事

-ニュース
-

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.