ニュース

崩壊寸前 医療現場の実態 旭川赤十字病院

感染拡大が続くと心配なのが医療崩壊です。大規模な病院クラスターが発生した旭川市。旭川赤十字病院の直面している医療現場の現実です。

コロナ患者の治療にあたる旭川赤十字病院。牧野憲一院長は「今の段階で受け入れることのできる限界に近づきつつあるかなと感じています」と語りました。

防護服を着て治療に当たる看護師。

フェースシールドは粘着テープで頭にきつく固定されています。

新型コロナウイルスはどこから入り込むかわかりません。

12日の旭川市の会見・担当者…

「感染症患者9人が確認されました」「吉田病院でありますが、ここにおいて発生した感染者であります。」

クラスターが発生した吉田病院。13日も新たに5人が感染し入院患者と看護師44人が陽性に。

コロナの患者を受け入れている旭川赤十字病院にはきのうまでに15人が運ばれてきました。高齢の患者が多いため治療に介護が加わります。

旭川赤十字病院・牧野憲一院長…「皆さんいわゆる寝たきりの状態、全介助の方が非常に多くて、軽症であっても看護師の負担が大変大きい」

食事をあげる様子など食事も防護服を着た看護師が患者の口まで運びます。手を洗うのも看護師3人がかりです…。

旭川赤十字病院・鈴木智子看護師長…「非常に汗もかきますし、体力も消耗するような環境で看護師はケアを行っている」「患者の急増というところで本当に災害に近い現状だと思います」

旭川市では5つの病院でおよそ100床を確保していますが、きのうの時点で半分以上が埋まっています。

旭川赤十字病院・牧野憲一院長…「吉田病院の患者だけでなくて、市内のほかでも患者がぽつぽつと出ている。

それが新たなクラスターに結び付いた時にはもはや限界がくるだろうと思います」

https://news.yahoo.co.jp/articles/746e4c9d8baaa97e9b98b2d663d8ca737a34ad78

 

この記事の反応

・吉田病院での感染が発表になった6日金曜日以降の旭川保険所管轄でのPCR検査数は、それまでとは格段と違い増えています。土曜日260、日曜日636、月曜日320、火曜日245、水曜日227、木曜日331と発表されました。それ以前は多い時で157でしたから、吉田病院発見以降は一段多く検査しています。ですから、吉田病院関連は、検査をしているのは、確かではないでしょうか。そして、何度もしていたり、範囲を広げて検査をしていたり、しているのではないでしょうか。最初は陰性で、4日後に検査したら陽性だったという、症例も発表されています。潜伏期間があり、検査しても、現れない、ことがあることは、事実です。

・旭川はまじめにPCR検査をしてこなかった?どこからの情報ですか?感染している自覚がない人、無症状だったら当たり前では?勝手なことを好き勝手言うのは自由ですが、医療現場はほんとに大変です。かかったひとが悪い、クラスター発生させた病院が悪い、知事が悪い、そんなことは言ってられないんです。みんながそれぞれ頑張ってるんです。勝手なことを言ってるだけじゃなく、正しい情報を得て、自分たちにできることは何か考えてください。
危機感に対して市民も医療機関も大差ない?
こんな発言ばかり見ていたら、医療職として悲しくなります。やってることって無意味ですね。

・旭川市独自で自粛期間を設ければいい。濃厚接触者がいつどこにでかけているかなんてわかない!感染拡大を防ぐ為には個人が自粛するしかないと思う。特にこれから受験シーズン、子供がいない受験に関係ない人もいるけど、頑張っている子供達の為に自粛してはどうだう?そして、まだ、修学旅行や宿泊研修、校内イベントなどの学校行事は中止をするのも子供の体の為になるのでは?集団感染は病院内だけの事ではないとおもうから…

・職員全員PCR検査は直ぐに受けました。毎日検査する指示も受けてないですし受けた後に発症する事もあるのでは?とにかく今は、個々に対策して乗り切るしかありません。

 

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況

旭川市のコロナ発生状況 11月23日現在

スマホの方は左右にスクロールしてご覧ください。 NO. 判明日 年代 年代 居住地 補足 1 2月22日 70代 男性 飲食店オーナー 有限会社 北海道井泉 2 2月23日 30代 男性 会社員 - ...

続きを見る

崩壊寸前 医療現場の実態 旭川赤十字病院

感染拡大が続くと心配なのが医療崩壊です。大規模な病院クラスターが発生した旭川市。旭川赤十字病院の直面している医療現場の現実です。 コロナ患者の治療にあたる旭川赤十字病院。牧野憲一院長は「今の段階で受け ...

続きを見る

突然発生…病院内クラスターで39人感染4人死亡 どこまで拡大?医療関係者の不安 旭川市

クラスターが相次ぎ患者が急増している旭川。病床がひっ迫する医療現場で、感染を封じ込める闘いが続けられています。 「当病院において新型コロナウイルスのクラスター発生が確認された」(吉田病院・馬場勝義院長 ...

続きを見る

おすすめの記事

-ニュース
-

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.