コメントあり ニュース 新型コロナウイルス

「限界超えている」基幹病院で相次ぐクラスター 「北海道第2の都市」医療の現状

2020年11月24日

新型コロナウイルスの感染者が増えて、いま危機に立たされているのが北海道第2の都市・旭川市です。

新型コロナウイルスの感染者を受け入れている基幹病院でもクラスターが発生し、市内の医療機関では「医療態勢は限界を超えている」と危機感を募らせています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/

この記事の反応

たぶん、道内で旭川の医療機関が真っ先にパンクする
次に、函館の医療機関がパンクする
札幌ばかり取りざたされるけど、実は地方都市の方がヤバいのが現状です

もう手遅れかもしれませんね。
せめて三連休前に、旭川がこんな事になる前に人の移動は最低限に抑える対策をするべきだったのでは。
確かに経済も大事で、こうなったのは旅行者だけが原因だとは思いませんが、やれる対策を全てやっての結果か、そうでないのかは大事かと思います。
私は札幌で看護師してます。会食も旅行も勿論していません。それは、私の仕事柄当然の事だと思っていますし、医療者へ感謝を述べていただくこともありますが、私は、それが自分の仕事で、自分が望んで選んだ仕事だし、それでお給料をもらってるんだから、今は辛くても当たり前だと思い日々働いています。
ただ、私たちが感染したら、働けないのです。病院が機能しなくなれば、終わりです。小さな赤ちゃんから、子供、お年寄りまで、医療が必要な方達に、十分なケアが出来なくなるんです。
今みんなで協力して、我慢して乗り切らないでどうするんですか?

道北最大の街であるがゆえに、旭川近郊自治体や以北の名寄や士別、稚内と言った地方都市も旭川に頼らざるを得ない状況で、お膝元の旭川の医療が厳しい事態になっているのは、大変憂慮すべきことです。人口が多い少ないで判断するのではなく、その地域の現状に応じた支援と配慮を北海道はすべき。

医師会や医療関係者の苦言も聞かず、菅内閣ばかりを向いて仕事をしている人が招いた医療崩壊。GOTOの見直しも菅内閣の言われるがままの札幌への旅行目的のみ対象に同意する知事。道民の命がだれかの政治のために犠牲になることは避けてほしい。

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況

旭川市の新型コロナウイルス感染症発生状況

過去の感染者の詳細リンクとニュース 1人〜100人までの詳細はこちら 101人〜200人までの詳細はこちら 201人〜300人までの詳細はこちら 301人〜400人までの詳細はこちら 401人〜500 ...

続きを見る

おすすめの記事

-コメントあり, ニュース, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.