コメントあり ニュース 新型コロナウイルス

旭川"2つめの基幹病院、旭川赤十字病院"で感染者…分娩停止 医師ら自宅待機 地域医療「瀬戸際」へ

北海道旭川市は12月8日会見を開き、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された50人の詳細を発表しました。

1日50人の感染確認は、2日の46人を6日ぶりに上回り過去最多です。

旭川市内5つの基幹病院のうち、1つの旭川厚生病院で国内最大のクラスターが発生していますが、さらにもう一つ、旭川赤十字病院でも感染が確認されたことがわかりました。

旭川赤十字病院に入院・出産した30代の女性患者が感染していたことが判明したと発表しました。

この女性患者は11月13日旭川厚生病院を受診し、同病院での感染が広がっていることから旭川赤十字病院を受診。当初は陰性を確認し、12月4日に分娩目的で入院し、5日に出産しました。

その後7日に発熱したため、PCR検査をして陽性が判明しました。

保健所では、分娩時に立ち会った医師や看護師14人中8人が濃厚接触者に該当し、6人も濃厚接触者に準じると判断し、現在14人を自宅待機としています。

女性患者は個室に入っているため、接触しているのは院内スタッフで、病棟の職員すべてにPCR検査をし、陰性を確認しているということです。

ただ自宅待機に麻酔科医3人が含まれていることから、同病院では緊急性の低い10日間手術を停止。救急患者の受け入れ、地域医療が瀬戸際に追い込まれる恐れが現実味を帯びています。

また旭川厚生病院から分娩を30人受け入れていたのを当分停止し同病院の10人、計40人を旭川医科大学病院と市立病院に依頼したということです。

旭川市内の病院の病床使用率は約67%。依然として厳しい状況が続いています。

旭川市は7日医療体制のひっ迫状況から、自衛隊へ看護師10人を2週間程度派遣するよう要請しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ef81dc5ff4d0471ffed36d11b1c3cbae99405f9

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況

旭川市の新型コロナウイルス感染症発生状況 4月15日最終更新

過去の感染者の詳細リンクとニュース 1人〜100人までの詳細はこちら 101人〜200人までの詳細はこちら 201人〜300人までの詳細はこちら 301人〜400人までの詳細はこちら 401人〜500 ...

続きを見る

この記事の反応

自宅からボヤが出てるのを、周りの人が注意したのに何もせずほっといて、いざ手のつけられない延焼火災になってから消防に「早く消してくれ!」って言ってる感じ。

これはもう大変な事に主になる病院でクラスターの出ていない旭川医大と市立病院しかない。お手上げ状態。

なぜ、旭川赤十字病院はその妊婦を受け入れたの???GoToが批判されているのはなぜかわかっているの??? 感染リスクを抱えている人を移動させたのは謎すぎる。

クラスターが起こった病院にいた人はみな隔離させなきゃ収まるものも収まらない。患者・妊婦の我慢が求められる。家にいてくれ。旅行客なんかより全然いろんな意味で高リスク者なんだよ。医療行為は旅行なんかより濃厚接触の度合いが高い。

GoToじゃなくて、病院にお世話になっている人のクラスターになっていることは明確です。転院の自粛こそいますぐしてくれ。

おすすめの記事

-コメントあり, ニュース, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.