コメントあり ニュース

温暖化で酒造り困難に…創業148年岐阜の酒蔵が北海道東川へ 百年先見据えた6代目の決断「歴史で飯食えぬ」

“三千櫻”という日本酒を手掛ける岐阜県中津川の老舗の酒蔵が、北海道へ移転して酒造りに乗り出します。

移転の理由は、蔵の老朽化と平均気温の上昇。移転先では「町の新たな特産品に」と期待されています。老舗の酒蔵の100年先を見据えた挑戦に密着しました。

壁が落ちて傾いた建物…酒造りの要となる麹室にも隙間風

岐阜県中津川市。清流・付知川沿いに立つ、創業148年の老舗「三千櫻酒造」。

ここで酒造りを始めた初代の山田三千助にちなんで、地酒の名前は『三千櫻(みちざくら)』です。

山からの湧き水を使って仕込んだお酒。年間一升瓶2万本を造ります。

すっきりとした甘口でもキレがあり、どんな料理にも合うと評判で、東京などへも出荷。ファンを拡大してきました。

本来であれば、新酒のための準備に追われるはずのこの時期。しかし今年は違いました。杜氏も務める、6代目の山田耕司さん(60)は、北海道への移転を決めました。

理由の一つが老朽化です。酒造りの要となる麹室。明治時代に建てられた蔵の中は、隙間風が気になるほど傷んでいました。

山田さん:
「外壁はもっとボロい。裏回ると、結構(壁が)落ちちゃってて。全体的に、建物が向こうに傾いているので」

山田さん:
「これでも随分、だましだましやってたんですけどね。危ない感じになってきましたね」

環境の変化で思うような酒が造れない…条件良い場所でもっと良い酒を

もう一つの大きな理由が、温暖化による、平均気温の上昇です。

お酒の味を守るには徹底した温度管理が必要。わずかな気温の変化でも、思うようなお酒を造るのが難しくなってきたのです。

山田さん:
「ここでできる、精一杯のクオリティを目指して造っていたのですけど。杜氏として、“もっと高いところにいきたい”欲求はすごくあるから。条件がよければ、もっといいものができるので。寂しいけどね。歴史で飯は食えないので」

『三千櫻』を守るための決断でした。

大雪山から湧き出るきれいな水で造った酒を名物に…北海道東川町の一大事業

移転先は、北海道の中心に位置する東川町。道内最高峰の大雪山の麓、人口およそ8300人の町です。

町の自慢は、大雪山から湧き出るきれいな水。そして、その水でつくったお米です。

町ではこの2つを生かせるお酒を、ふるさと納税の返礼品をはじめ、町の名物にしたいと考えていました。しかし、東川町には酒蔵がありませんでした。

そこで、町などが建設費を負担して酒造りができる職人を招き入れる、公設・民営の新しい酒蔵をつくることになりました。

どの酒蔵を選定するのかを決めるために行われたプレゼンテーション。山田さんのプレゼンには『三千櫻』への熱い思いが込められていました。そして結果は…。

東川町の松岡市郎町長:
「本日は、山田さんから熱い思いの提案書をいただきまして、全会一致で可と決定いたしました」

山田さん:
「三千櫻があと100年っていう大きな目標があるので、この場所で、それができたらいいなと思います」

煙突から出るあの匂いがしなくなるのは寂しい…中津川の常連は寂しさ隠せず

明治から続く中津川の『三千櫻』は、この日で蔵じまい。

最後の夜、長年ひいきにしてくれている夫婦が、お別れにと一席設けてくれました。

振る舞われたのは、山田さんの『三千櫻』を使った料理です。

山田さんの友人:
「140年っていう歴史のある酒蔵屋さんですし、おいしいお酒も造ってもらっていましたので。もう煙突から出るあの匂いがしなくなるのも、寂しいですよね…」

山田さん:
「そりゃ僕も、寂しいけど。北海道でいい酒を造れば、全て解決するのかなっていう気がする」

歴史ある製法はそのまま…「プロとしてどこでも酒を」新たな土地で新たなる挑戦

北海道の中心に位置する東川町。新しい酒蔵が完成し、酒造りがまもなく始まります。

温度管理の設備が整った麹室。中津川で使っていた、愛着のある貯蔵タンクです。

山田さん:
「(貯蔵タンクは)トラックに載せてフェリーで。大変でしたよ」

原料が違えば、当然味も変わります。それでも歴史ある製法はそのまま。仕込むお酒の名前は、これまでと同じ『三千櫻』です。

山田さん:
「プロ集団なので、どこでも酒はできなきゃいけないとは思っています。僕らのできるお酒を造ることが一番なので、愛していただけるかどうかは、評価が分かれるかもしれませんけど。お世話になった方がたくさんいるので、そういう方に少しでも早く届けられたらなと思います」

仕込みが始まるのは、11月中旬。年が明けると、新しい『三千櫻』が誕生します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5dbb3eee152ae1801489e9beb82bc19629a93d9d

この記事の反応

すごいね。
それを決心して、実行できるなんて……なかなか難しいと思います。

150年後も、美味しいお酒を造ってますように。
応援します。

世界中が歴史的な変化に晒されている中で、社長のこの決断は並大抵の覚悟ではできないと思います。
今回は町内に酒蔵がゼロだったから受け入れ体制もあったのかと思います。しかし今後は既存の酒蔵がある地域も呼び込みをして、自治体内で切磋琢磨していくのも地域の活性化に繋がるのでありだと思います。
三千櫻の味がどうなるかも気になりますし、大雪山にちなんだ新たな日本酒ができるのも楽しみですね。

ここは田瀬の美味しい水に拘ってやっていたから、北海道でも水に拘った美味しいお酒を作ってくれると思います。今まではちょっと甘めで飲みやすいお酒だったけど北海道ではどんなお酒が作られるのか楽しみです。

普通の人なら廃業を考えるような状況のところ、新天地に蔵元を求めるという英断は凄いと思います。これは「三千櫻」という名前を「守る」という次元にとどまらず、「三千櫻」に新たな生命を吹き込む「攻め」の経営だと思う。私も応援したいです。

杜氏もすごいが受け入れる東川町の体制がすごい。ここ最近この町の名前を本当によく聞くようになった。移住してくる人が街を盛り上げていくということを実感しているのだと思う。
東川町の隣にある旭川には天下無双でお馴染みの高砂酒造があるのできっと切磋琢磨していくのだと思う。

時代の移り変わりで致し方ないと、当主は決断したのでしょうか?北海道、岩手、秋田、青森、山形、宮城、福島、新潟、雪深い寒暖差の激しい地域はには、日本を代表銘酒や、仕込みと言われる、酒造りに欠かせない、名杜氏がいる!何代も受け継いだ酒蔵が廃業するより、場所は違えど銘酒を作るには、良い水、良いお米、寒暖差の激しい北海道なら、きっと当主の考えが、活かされると思います!応援しています!

北海道東川町といえば...お米、湧水、木工家具、豆腐、

北海道民なら知っている
大雪山旭岳の湧水を水道水として使っているので東川町は水道料金が無料。

道内でもわざわざこの湧水を車を3、4時間走らせて汲みに行く人もいる。

そして子供が生まれると毎年違うデザインされた子供椅子が誕生日と名前入りで町からプレゼントされる。

美味しい日本酒の酒蔵が北海道に増える事は嬉しい。

温暖化の影響は漁業や農業だけでもないんですね。お酒づくりも自然環境に左右されてるんですね。
北海道は土地や自然も豊かですが、移転にはかなりの勇気と決断が必要だったと思います。良い酒が作れると良いですね。

今は米所としてだんだん北海道も有名になってきたしね!旭川や東川は大雪山のお陰で水も良いし、人口取得のために東川は最近頑張ってる。都市部へ人口が流出してるからこういう事業が新しく始まるのは嬉しい事でしょうね!

おすすめの記事

-コメントあり, ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.