コメントあり ニュース 新型コロナウイルス

[12月11日] 旭川市2人死亡 12人感染…病床使用率7割超 厳しい状況続く "外出自粛"要請

北海道旭川市は12月11日、新たに新型コロナウイルスの感染者が2人死亡し、12人の感染が確認されたと発表しました。

これまでのクラスターの拡大が続いています。

●旭川厚生病院
新たに6人(医師、看護師、患者4)の感染が確認され、この関連の感染者は計253人となりました。

国内最大のクラスターとなっている同病院は10日、感染者が258人確認されていることを公表しています。

●北海道療育園
新たに職員2人の感染が確認され、この関連の感染者は計67人となりました。

自衛隊の看護官らが支援に入っている吉田病院は、11月9日以来32日ぶりに感染者の発表がありませんでした。

【そのほかの感染者情報】
・30代男性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・10代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・40代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・40代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み

旭川市内の病床の使用率は前日と変わらず約72%。自衛隊の支援も入っている中、厳しい状況が続いています。

北海道は10日、「集中対策期間」を約1か月延長し、12月25日まで引き続き外出自粛などの要請することを決め、旭川市民には12月25日まで、不要不急の外出自粛の要請をしています。

【北海道の集中対策期間のポイント】
●札幌市
≪12月25日まで≫
・不要不急の外出自粛
・札幌以外の往来自粛
・全域での接待を伴う飲食店への休業要請
・ススキノ地区の酒類提供の時短要請

●旭川市
≪12月25日まで≫
・不要不急の外出自粛

●北海道全体への自粛要請
≪2021年 1月15日まで≫
・同居者を除く「5人以上、2時間超」の飲食
・年末年始のあいさつ回り

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況

旭川市の新型コロナウイルス感染症発生状況

過去の感染者の詳細リンクとニュース 1人〜100人までの詳細はこちら 101人〜200人までの詳細はこちら 201人〜300人までの詳細はこちら 301人〜400人までの詳細はこちら 401人〜500 ...

続きを見る

感染者詳細情報

この記事の反応

クラスター抑制に向け自衛隊派遣を受けている旭川の西川市長は
「今一番重要なのは市内の3つの施設で発生しているクラスターをしっかりと収束させることがまず一番重要。加えて、新たなクラスターを発生させないよう、不要不急の外出を控えてもらいたい。常に自分がウイルスをもっているかもしれないということを頭に入れて行動してもらいたい」
とメッセージを出した。
だが、医療体制が極度に逼迫しているにもかかわらず、具体策が個々の自主的な外出抑制だけとは理解し難い。
市長に言われるまでもなく既に市民が注意しているお題目を並べたところで、どれ程の効果が期待できるのか?
営業時間短縮や地域商品券の一時使用停止などより強力な対策を打ち出して、市民に危機感を浸透させる強烈なメッセージにすべきだったと思う。
旭川市、大丈夫か?

旭川市から反対があり不要不急な外出自粛のみ要請になっている。市中感染が少ないのが断った理由だろうが、正直あきれた。病床使用率が7割を越え医療崩壊間近の状態で旭川市長は何を考えているのか理解に苦しむ。もし市中感染で患者が増えたら病院の受け入れ枠を越えて医療崩壊を起こしコロナ患者や一般の患者さんが受診出来ない状態になるのは目に見えている。旭川市は市中感染で患者が増えてはいけない今の状況をよく考えるべきだと思う。

今、家の前を5人ほどの学生さんたちがマスクをアゴや頭にかけて大騒ぎでじゃれ合って帰って行きました…。
お昼にラーメン屋に入るのをためらい、買い置きのカップラーメンを食べていた自分を思い出し涙しました…。

おすすめの記事

-コメントあり, ニュース, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.