コメントあり ニュース 新型コロナウイルス

旭川市、飲食店などに数十万円の支援金検討

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が要請されている北海道旭川市で飲食店や医療機関などへの支援金が検討されていることが分かりました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている旭川市では、今月25日まで感染リスクが避けられない場合不要不急の外出を控えるよう要請されています。

これを受け旭川市は飲食店や宿泊業者、交通事業者などに対し支援金を支給する方向で検討を進めているということです。

飲食店への支援金は1店舗あたり数十万円程度になるとみられます。

また新型コロナウイルスの対応にあたる医療機関などへの支援金も検討されていて市は年内の支給開始を目指しているということです。

この記事の反応

旭川市では、「新しい生活様式」取組支援事業で、条件を満たした事業者に3万円を支援したが、対象の業種に偏りがあり、尚且つ、申請した事業者も意外に少なかったようだ。
旭川市に金の生る木は生えていない。原資は税金、公平・公正な支援を期待する。

飲食店、公共交通機関に助成金って。20万円で救えるものって、あるだろうか。そんな闇雲なところに出すならば、医療現場の人に手厚くフォローしてあげてもらいたいが。

飲食店や交通機関に支援金など税金遣って出す必要などない!出すなら市長のポケットマネーから出しましょう!
市民の税金を使用することは許されない!
困っている市民は他にもたくさんいる。
平等に市民を思うなら、支援金の支給はするな!

支援金じゃやっていけないって言う経営者がいるが、じゃ貰うな!、好きでやってるんだろ!もっと大変な思いしてる医療関係の人もいるの忘れるな!

おすすめの記事

-コメントあり, ニュース, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.