ニュース 冬まつり 新型コロナウイルス

クラスター相次ぐ北海道旭川市「旭川冬まつり」事実上中止へ…オンライン活用を検討

北海道旭川市で、2021年2月に開催予定だった「旭川冬まつり」について実行委員会は、事実上"中止"とする方向で調整していることがわかりました。

来場者が100万人を超える旭川市のメインイベントのひとつ「旭川冬まつり」について実行委員会は、事実上の中止とする方向で調整を進めていることが関係者への取材でわかりました。

これまで大雪像の制作を中止するなど規模を縮小しての開催を模索してきましたが、旭川市内で大規模なクラスターが起きていることから、人を集める形での開催は断念し、オンラインを活用した取り組みを検討しています。

北海道内のほかの冬のイベントについては、上川町の「氷瀑まつり」は予定通りの開催、紋別市の「もんべつ流氷まつり」は中止が決まっています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6eebf005ba1a63df02b632a174f724dd7cf5130

関連記事

2月の旭川冬まつり 大雪像は製作中止 5日間に短縮

【旭川】旭川市は16日、毎年2月に市内で開催する道北最大の冬のイベント旭川冬まつり(実行委主催)について、来年の第62回は名物の大雪像の製作を中止し、開催期間も例年より1日短い5日間にすると発表した。 ...

続きを見る

おすすめの記事

-ニュース, 冬まつり, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.