ニュース

12月で"10件以上"…除雪作業中の転落や落雪の相次ぐ 死亡や骨折も 事故に注意

北海道内では12月22日雪下ろし作業中の事故が相次ぎ、旭川市では男性がはしごから転落し重傷です。

22日午前11時30分ごろ、旭川市旭町の住宅でカーポートの雪下ろしをしていた74歳の男性が、2メートルほどの高さのはしごから転落、鎖骨を骨折しました。

このほか北海道内では岩見沢市で69歳の男性が、屋根の雪下ろし中に約5メートルの高さから転落し腰に大ケガをするなど、22日だけで除雪作業中の事故が少なくとも6件確認されています。

12月に入り深川市では除雪機に巻き込まれ男性が死亡するなど、北海道内では除雪作業中の転落や落雪などによる事故が10件以上相次いでいます。

例年1月から2月に事故が多発することから警察は注意を呼び掛けています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8606c7b9a005dd43db00a1666c24a6b5eeed1eba

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.