コメントあり ニュース 新型コロナウイルス

215人感染 旭川の病院クラスター収束の兆し 外部支援奏功

吉田病院で医療支援する自衛隊の看護師チーム(陸上自衛隊北部方面隊提供)

吉田病院で医療支援する自衛隊の看護師チーム(陸上自衛隊北部方面隊提供)

【旭川】旭川市の慶友会吉田病院(263床)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生して約2カ月。感染者は2日、3人増の215人となり、死者は39人を数える大規模感染となったが、昨年12月22日から元日までは感染者が確認されず、収束の兆しが見えてきた。一時は全階がレッドゾーン(汚染区域)となった中、沈静化の鍵となったのは、院内にグリーンゾーン(清潔区域)を確保するゾーニングの再構築だった。災害派遣医療チーム(DMAT)の主導で外部の支援を呼び込み、院内の人手に余力を生み出すことが決め手となった。

「とにかくあと10人でいいから、受け入れてほしい。各病院2、3人だ」。DMAT事務局次長の近藤久禎医師は吉田病院の支援に入った直後の昨年11月末、市立旭川病院など市内の基幹病院長との会議で頭を下げ、吉田病院の感染者受け入れを強く求めた。

市が同月7日に同病院のクラスター発生を発表した当初、感染者は6階だけで、関係者は早期に封じ込められるとみていた。だが、感染は10日もたたないうちに5、7階に拡大。DMATが入った時は感染者が150人規模に膨らみ、「全階が感染者と濃厚接触者のいるレッドゾーン」(近藤氏)になっていた。

感染が急速に広がった背景には、入院患者の多くが寝たきりの高齢者で、床ずれを防ぐ体位交換や口腔(こうくう)ケアなど日常的に密接な看護が不可欠だった事情がある。寝たきりの患者の看護はただでさえ重労働である上、感染者となれば「防護服を着て通常より3倍近い負荷がかかる」(DMAT)。11月中旬には一時、他病院も受け入れ切れなくなり、吉田病院の看護師らの負担は一気に急増した。

自衛隊派遣も受け入れ

さらに看護師が感染や濃厚接触で職場を離脱したり、家族への感染を恐れて退職したりして一時は半減。1人の看護師が防護服を着ながら通常の数倍の10~15人の患者を看護する事態となった。支援に入った北海道医療大の塚本容子教授(感染管理学)は「疲労が蓄積して注意力が低下し、レッドゾーンからグリーンゾーンに戻る際に感染を広めた可能性がある」とみる。

DMATが市内の基幹病院に「あと10人」の患者受け入れを要請したのは、実質的に40~50人の看護師が不足していた状況を改善し、少しでも院内の人手に余力を持たせなければ、グリーンゾーンの立て直しは困難で、感染収束が遠のくと判断したためだ。

それでも30人近い看護師が不足する中、12月8日には旭川市の派遣要請で自衛隊の看護師5人が到着。完全とは言えないまでも人手不足が軽減された中、感染で職場を離れた看護師が完治して戻るのも待ち、「だましだましで状況を改善」(近藤氏)。同月中旬にようやくグリーンゾーンが増え始めた。同病院が目指していた4日の一部診療の再開は12日ぶりの感染者確認で微妙になったが、市保健所も「目に見えて良くなってきた」と安堵(あんど)する。(高田かすみ、若林彩)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a5fca83e51d9e9912045502aabe9bcb87e55b5c

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況

旭川市の新型コロナウイルス感染症発生状況 1月22日最終更新

1人〜100人までの詳細はこちら 101人〜200人までの詳細はこちら 201人〜300人までの詳細はこちら 301人〜400人までの詳細はこちら 401人〜500人までの詳細はこちら 501人〜60 ...

続きを見る

この記事の反応

今回の旭川は医療従事者もクラスターに巻き込まれている。
それがかなりのダメージになったような気がします。
患者さんも要介護が多かったようで終息に向かい良かったです。
まだまだ油断出来ませんがひとまずはお疲れ様でした。
少しでも一人でも休める日が早く訪れます様に。

だましだましで状況を改善、との言葉に、現場の労苦が実感される。見えないミクロの敵との戦い、しかも病院内とあっては同時に大勢の人のお世話をする訳だから、本当に大変だ。息苦しい防護服で全身を固め、動きまわる重労働。お疲れ様です。道内はここのところ寒波と降雪で外出者が減った事も影響しているのではないか。数字の増減は、低温で乾燥という季節ではある程度やむを得ない。この、少しホッとする気持ちを糧に、他人まかせでなく、油断せず予防し、感染した場合も慌てず適切な行動を。

旭川市出身者です。家族は旭川市に在住していますし、各病院についてもよく知っています。
医療従事者の中には友人もいました。
医療従事者の方達には頭が下がります。感謝の言葉しかありません。
旭川市って、道北一帯の基盤となる医療体制なんですよね。
他の市町村で治療出来ない場合は旭川市の病院に搬送されます。
何とか終息に向けているとこのとで心から安堵しています。
医療関係者の皆様本当にお疲れ様です。
心より感謝申し上げます。
第2、第3の旭川のような状況が起こらないことを切に願います。

要介護の患者さんにずっときちんとマスクをつけてもらうのは無理なはなし。
介護は密着せざるを得ないしウィルスが入りこんでしまったら広がってしまう。
市中感染を抑えないといろんなところでクラスターも発生しやすくなる
早く落ちつきますように。早くご回復されますように。

平時における余剰病床や施設を、我々は「無駄」と決め付け、削減し続けた結果です。
その無駄とやらが、有事における備えになることを我々は痛感しました。
消防や警察、自衛隊がヒマだからと言って、無駄とは言わないでしょう?有事の際に機能してもらうため、平時に余裕を持って規模を維持してますよね?それと同じことです。
緊縮財政から財政拡大に政策を転換しなければなりません。

おすすめの記事

-コメントあり, ニュース, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.