ニュース

旭川北 無念の7回コールド負け エース伊東打たれ、15年ぶりの決勝進出ならず

投稿日:

[写真] 最速145キロをマークするも、準決勝で敗退した旭川北のエース伊東

◆第101回全国高校野球選手権 北北海道大会 ▽準決勝 旭川大高10―1旭川北(18日・旭川スタルヒン)

公立進学校の快進撃が、準決勝で止まった。旭川北は4回2死一、二塁から伊東佳希投手(3年)の左前適時打で先制。しかし、その伊東が5回に旭川大高打線につかまった。2三塁打に2四球、さらにスクイズも決められて5失点。リリーフ陣も打ち込まれ、無念の7回コールド負けとなった。

この日は最速145キロをマークした伊東だが、本来の調子ではなく、地区予選から続けていた毎回奪三振記録も2回までの30イニング(計5試合)でストップ。

「疲れが残っていて甘い球を打たれた。出せる力は出し切ったけど、完敗です。15年ぶりの甲子園に行きたかったけど…。ここまで来られたのは1人の力じゃない。みんなに感謝したい」と涙で声を振り絞った。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000115-sph-base.view-000

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.