ニュース

自衛隊が十勝岳の噴火想定した訓練 旭川

十勝岳の噴火を想定した訓練が陸上自衛隊の旭川駐屯地で行われ、自衛隊員のほか警察や消防、周辺自治体の職員らがそれぞれ噴火時の対応を確認しました。

立田記者リポート…「たったいま、噴火の第一報が入ったという想定です。様々な機関がブースに分かれ情報収集を始めました」。

訓練は十勝岳が噴火し自衛隊に災害派遣要請が出たという想定で、陸上自衛隊のほか警察や消防、周辺自治体の職員らおよそ160人が参加して行われました。

訓練では噴火後に被害状況が徐々に明らかになっていく中で、それぞれの機関が地図を見ながら無線や電話を使って必要な対応を確認しました。

十勝岳では去年、マグマの活動を示す火山性微動が複数回確認されていて、陸上自衛隊は日頃から関係機関との間で連絡を密に取り合い有事に備えたいとしています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae13f0b1036e361f27f3758726e32c181066a27c

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.