ニュース

旭川市14歳少女凍死事件で思い出す、北海道であった「もう一つの女子児童いじめ自殺事件」 滝川市いじめ自殺(2005年)の教訓はなぜ生かされなかったのか

滝川市いじめ自殺(2005年)の教訓はなぜ生かされなかったのか

・滝川市の女子児童が受けたいじめの内容

・「死んだら読んでください」と書かれた7通の遺書

・校長は「担任の努力ですべて解決済み」

・読売新聞の報道で市側は態度を一変

・報道によって「認識」を変えた

・文科大臣が会見、副大臣が遺族を弔問――文科省も動いた

・過去に自殺とされた41件のうち14件でいじめが確認

・画期的な和解となった裁判

・このときの教訓は生かされなかった

https://bunshun.jp/articles/-/45270

2月13日から旭川で行方不明の廣瀬爽彩(ひろせさあや)さん14歳に関するまとめ

4月29日更新 女子中学生"凍死" 旭川市教委 いじめ疑いのある「重大事態」と認定 第三者委で調査へ 4月26日更新 「文春オンライン」の記事が追加 #8・#9 【独自入手】《おな電をさせられ、秘部を ...

続きを見る

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.