ニュース 犯罪 詐欺

「アフガニスタンに住む国連職員の医師」…70代女性インスタで240万円詐欺被害 旭川市

記事によると・・・

・旭川市に住む70代の女性が、インスタグラムを通じて知り合ったアフガニスタンに住む医師をかたる人物に、現金240万円をだまし取られた。

・70代の女性は、今月3日ごろ、インスタグラム上で日本人の女性から「友達申請」を受け、メッセージを交換し始めました。
その後、相手は「アカウントは亡くなった妻のもので、自分はアフガニスタンに住む国連職員の医師だ」と明かし「戦場での仕事を辞めて帰りたいが帰れない。自分の代わりに外科医を採用するための費用を払えば仕事を辞めることができる。必ず返すので、その費用240万円を貸してくれないか」というメッセージを女性に送ってきました。
女性は12日、頼まれたとおりに指定された銀行口座に現金240万円を振り込み、だまし取られた。

・さらに、女性は「日本に帰る渡航費が必要だ」と言われ、14日、さらに200万円を振り込もうとしましたが、銀行口座が凍結されていて振り込めませんでした。
この時、口座の凍結を不審に思った銀行の職員が警察に通報し、事件が発覚した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e0c424bfd81e9788818f6d73b89f3f172d7f999

おすすめの記事

-ニュース, 犯罪, 詐欺

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.