ニュース

旭川市立神楽小学校敷地にネコの死骸 児童らを集団下校

投稿日:

10日朝、北海道旭川市の小学校の敷地内で、ネコの死骸の一部が見つかりました。これを受けて小学校では、児童を集団下校させました。

ネコの死骸の一部が見つかったのは、旭川市立神楽小学校の敷地内です。10日午前8時45分ごろ、学校裏手にある畑に、水やりにいこうとした教師と複数の児童がネコの頭部などを見つけ、教頭を通じて警察に通報しました。

(旭川市立神楽小学校 山名正記教頭)
「このあたりに胴体のないネコの頭部が置かれていた。このようなことが続かないこと、児童に危害が加えられないことを祈っている」
これを受けて、小学校では午後に集団下校を実施しました。警察は、死骸の近くに血痕が少ないことなどから、何者かがほかの場所でネコを殺して現場に死骸を置いた可能性が高いとみて、動物愛護法違反の疑いも視野に捜査しています。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000375-stv-hok

 

<北海道>ネコの死骸の一部置かれる 旭川の小学校敷地内

旭川の小学校の敷地内で、バラバラにされたネコの死骸の一部が見つかりました。警察が動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

午前8時45分ごろ、旭川市立神楽小学校で教師と児童が校舎裏の花壇へ向かう途中、バラバラにされた猫の死骸が路上に置かれているのを発見しました。置かれていたのは猫の頭部と足1本などで、胴体などは見つかっていません。小学校の教頭は「子どもたちが不安にならないかとか、これから子どもたちに危害が加えられないかというのが、やはり心配です」と話しました。学校は児童らに経緯を説明し、集団下校を行いました。警察は動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000007-htbv-hok

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.