ニュース 学生

旭川工サヨナラ勝ち「最後に打ててうれしい」両打ち小林決めた

記事によると・・・

・<高校野球北北海道大会:旭川工7-6北見柏陽>◇15日◇1回戦◇旭川スタルヒン

・旭川工が逆転サヨナラ勝ちで北見柏陽を下した。9回に1点差を追いつくと、1死三塁で2番小林が左中間に決勝打を放った。第4打席まで2打数無安打も、勝負どころで貴重な一打。「チームに貢献出来ていなかったので、最後に打ててうれしい。後ろにいい打者がいたので、つなぐ思いで打席に立った」と振り返った。

・中学までは右打ちも、同学年に左打者が少なく50メートル6秒7の俊足だったこともあり1年秋から「足を生かせるように」と左打ちに挑戦。早朝5時半から父にティー打撃を手伝ってもらい2年秋から両打ちに。この日は新たに身に付けた左打席でサヨナラ打を放ち「全校応援も力になった。次は1打席目から打てるように集中したい」と意気込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1797c9e82c149c914a20a38149f59cfe36567c49

おすすめの記事

-ニュース, 学生

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.