ニュース 新型コロナウイルス

コロナ療養施設に侵入して女性と密会…無鉄砲な男子高校生の侵入経路は?

16歳の男子高校生と新型コロナウイルスに感染した20歳の女性が、宿泊療養施設で「密会」していた。

今月20日、北海道旭川市の宿泊療養施設になっているホテルで療養中の女性に会うため、男子生徒がこっそり館内に忍び込んでいた。

入所者ではない男性が施設内にいるという情報があり、宿泊施設を管理する道上川総合振興局がエレベーターの防犯カメラを調べたところ、男子生徒の姿が写っていた。2人は同じ部屋で一晩共に過ごしていたとみられる。

振興局は22日に男子生徒の身元を特定。「レッドゾーン」(感染エリア)に立ち入り、濃厚接触者となったことから、PCR検査を受けてもらい、23日、陰性が確認された。

「四六時中、人の出入りをチェックしているわけではありませんので、男性がいつ侵入したのかは不明です。ただ、入所者が施設から出ていかないように、すべての出入り口は施錠していましたので、外に出ることも施設内に入ることもできないと思っていました」(振興局担当者)

振興局は地元警察に相談して侵入経路を調べているが、女性が建物内からカギを開け、男子生徒を館内に入れたとみられる。

「動機については、まだ把握していません。再発防止策として道内の各振興局に対し、入所禁止の掲示や施錠の確認、見回りを徹底するよう通知しました。ただ、火災や地震などが起きた場合、避難できるよう非常口からは出られるようにはなっています。侵入するのは想定外? 想定外どころか混乱しています。感染リスクのあるところにわざわざ侵入するなんて、考えもしませんでした」(道感染症対策課宿泊療養班の担当者)

感染リスクを冒してまで、女性のそばにいたかったのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f234917a9d21585db3e34221dd5286380d53048a

おすすめの記事

-ニュース, 新型コロナウイルス

Copyright© みんなのあさひかわ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.