ニュース

旭川 低価格食品スーパー「ザ・ビッグ アモール店」3月に出店

旭川 低価格食品スーパー「ザ・ビッグ アモール店」3月に出店

マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)が、旭川市豊岡3条2丁目2ー19で低価格食品スーパー「ザ・ビッグ アモール店」の出店準備を進めている。「アモールショッピングセンター」内の空きスペースに出店するもので現在、店内は「ザ・ビッグ」の店舗カラーであるオレンジ色に塗り替えられている。3月中にはオープンすると見られる。

「アモールショッピングセンター」は旭川電気軌道(本社・旭川市)が1983年に竣工した2階建てのショッピングセンターで、食品スーパーを核店舗にクリニック、衣料・雑貨、フィットネスなどのテナントが入っている。旭川電気軌道のスーパー事業である旭友ストアー(同・同)が展開していたが同社は2010年にスーパー事業から撤退、代わってコープさっぽろ(本部・札幌市西区)が建物を所有する旭川電気軌道から店舗を賃借して出店、営業を続けてきた。
しかし、売り上げが好転せずコープさっぽろは19年10月31日で閉店した。旭川電気軌道は、コープさっぽろの閉店前からマックスバリュ北海道に出店要請、コープ閉店後すぐに「ザ・ビッグ」の出店が決まった。
マックスバリュ北海道は、旭川市内で「ザ・ビッグ宮前通店」(宮前1条3丁目2ー5)と「ザ・ビッグ緑が丘店」(緑が丘東3条1丁目3ー39)の2店舗を展開。旭川市内は「旭川価格」と言われるほど価格競争が激しい。低価格スーパーの「トライアル」や「業務スーパー」が同市内でも売り上げを伸ばしており、「ザ・ビッグ」の3店舗目によってさらに価格競争が増しそうだ。

低価格食品スーパー「ザ・ビッグ アモール店」(旭川市)3月に出店

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.