ニュース

医師が"新型コロナ"に感染 旭川市の唐沢病院 消化器内科で患者50人診察 感染ルートは不明…

医師が新型コロナに感染 旭川市の唐沢病院 消化器内科で患者50人診察 感染ルートは不明…

旭川市は3月19日会見を開き、市内で1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

感染が確認されたのは、旭川市の唐沢病院に勤務する50代の男性医師です。

男性医師は2月26日に倦怠感と頭痛、咽頭の違和感などの症状が出て、3月4日に医療機関を受診、インフルエンザの検査や胸部CT検査を受けましたが、異常なしと診断されていました。

その後自宅療養していましたが、保健所に相談し、17日にPCR検査を受けて、18日に陽性であることがわかりました。

市と病院によりますと、男性医師は消化器内科を担当していて、症状が出た2月26日から3月4日午前9時まで勤務し(土日除く)約50人ほどの患者を診察していたということです。

また4日以降は自宅で療養し、外出はしていないということです。

市によりますと症状は軽く、感染者との接触等は確認できていませんが、院内感染の可能性は低いとみられています。

旭川市保健所では、濃厚接触者の有無など調べていますが、今のところ、勤務先の病院職員に体調不良を訴える人はいないということです。

https://uhb.jp/news/single.html?id=11482

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.