ニュース

旭川「雪の美術館」30日閉館 コロナで運営会社撤退

旭川「雪の美術館」30日閉館 コロナで運営会社撤退

氷や雪をテーマにした北海道旭川市内の観光施設「雪の美術館」が30日に閉館することが分かった。

新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少し、運営会社の結婚式企画会社「マリーブラッサム」(旭川)が事業から撤退することになった。

同美術館はディズニーの長編映画「アナと雪の女王」の氷の城に似ているとして国内外から人気を集めた。

2019年には約10万人が訪れたが、今年は新型コロナの影響で団体客や結婚式のキャンセルが相次ぎ、3月3日から6月12日まで休館。

13日から再開したが、石川楊子社長は「固定費負担も大きく経営が困難となった。

旭川の観光地として継続したかったが、コロナ後の先行きを見通せなかった」と話す。

同社は今月末で同美術館の一般入館を終え、7月中は引き続き結婚式やフォトウエディング(結婚写真)会場として使用。

7月末に全従業員22人を解雇する。

同美術館は1991年、優佳良織工芸館と国際染織美術館(いずれも閉鎖中)の隣に建てられた。

14年から同社が施設を借り、3施設を運営していた北海道伝統美術工芸村(旭川)が16年12月に破産後も営業を続けてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200620-00010001-doshin-hok.view-000

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.