ニュース

旭川幼児死体遺棄事件まとめ

いるはずの次女が…謎の多い旭川幼児死体遺棄事件

旭川市で、住宅の敷地に乳幼児の遺体を埋めたとして夫婦が逮捕された事件で、夫婦は「子どもが死んだので埋めた」と話してることが新たにわかりました。

旭川市永山4条3丁目の無職・京田陵容疑者38歳と妻の麻理乃容疑者36歳は乳幼児の遺体を自宅の敷地に埋めた死体遺棄の疑いが持たれています。その後の警察への取材で2人は「こどもが死んだので埋めた」と話していることが新たにわかりました。

この事件は、先月29日の朝、京田容疑者の自宅からおよそ3キロ離れた場所でパトロール中の警察官が男の子と女の子の迷子を見つけて保護し、京田容疑者の自宅に送り届けたことから発覚します。

京田容疑者と妻の間には保護された2人のほかに戸籍上、3番目の次女がいました。自宅には次女の年齢と比べ明らかに体の小さい子どもがいたことから、警察は次女の発育が遅れているとみて育児放棄を疑い、児童相談所に通報します。

警察、児童相談所双方で事実関係を調べる中で、次女と思われた子供は男の子で、戸籍の届け出がない4番目の子どもと分かりました。

夫婦に対する警察の任意の取り調べで「子どもが死んで自宅の敷地に遺体を埋めた」などと供述があり、次女とみられる遺体が見つかったということです。警察は次女が死亡した経緯も含め調べています。

https://www.htb.co.jp/news/archives_8002.html

「遺体が埋まっている」自宅敷地から"乳幼児"の遺体見つかる…30代夫婦の実子か 死体遺棄容疑で捜査

北海道旭川市で、自分の子どもとみられる3歳未満の乳幼児の死体を「自宅の敷地に埋めた」として、38歳と36歳の男女が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、北海道旭川市の無職・京田陵容疑者(38)と妻の京田麻理乃容疑者(36)です。

2人は共謀し、乳幼児の遺体を自宅敷地に埋めた疑いが持たれています。

乳幼児は、京田容疑者らの3歳未満の子どもと見られています。

6月29日、旭川市内で2人の別の子どもとみられる未就学児2人が迷子で保護された際、家族構成に不審な点があり警察が2人から事情を聞いていました。

「遺体が埋まっている」との趣旨の話をしたため、警察が調べたところ1日遺体が見つかりました。

警察は遺棄した経緯や動機などを詳しく調べています。

https://www.uhb.jp/news/single.html?id=13429

自宅敷地に幼い子どもの遺体…30代の夫婦を逮捕 北海道旭川市

旭川で、自宅の敷地内に幼い子どもの遺体を埋めたとして、30代の夫婦が、死体遺棄の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、旭川市永山4条3丁目の無職、京田陵(きょうだ・りょう)容疑者と、妻の麻理乃(まりの)容疑者です。
2人は共謀して、自宅の敷地内に、性別と年齢が分からない幼い子どもの遺体を埋めた疑いが持たれています。

「子ども2人に赤ちゃん、3人いたよ。赤ちゃんは去年か今年に生まれた」(近所の人)

警察は3日前に迷子になっていた、京田容疑者の子ども2人を保護していて、夫婦に家族構成を聞いたところ、不審な点があり、事件が発覚しました。警察は、遺体が夫婦の実の子どもとみて、身元の確認を急ぐとともに、犯行の動機を調べています。

https://www.hbc.co.jp/news/544542a3de9cb203ed93ee66178789a6.html

「隠すために埋めた」1歳未満次女か…自宅敷地に遺棄した30代夫婦 迷子で保護の姉弟は"パジャマ姿"

北海道旭川市で、次女とみられる幼い子どもの遺体を自宅の敷地に埋めたとして30代の夫婦が逮捕された事件。

2人の供述などから詳しい状況が見えてきました。

旭川市のいずれも無職の京田陵容疑者(38)と、妻の麻理乃容疑者(36)。

次女とみられる乳児の遺体を自宅敷地に埋めたとして、死体遺棄の疑いで逮捕送検されました。

遺体が見つかった現場では、捜査員のかたわらに子ども用の遊具が残されていました。

亡くなったのは当時1歳未満の次女とみられていて、2人は「隠すために埋めた」と話しているということです。

京田容疑者らには4人の子どもがいました。きっかけになったのは、5歳の長女と3歳の長男が迷子になったことでした。

長岡 伶奈 記者:「2人は交通量の多い場所で…ここで保護されました」

6月29日の朝、2人が迷子になり警察官に保護されました。自宅からは3キロも離れていて、2人はパジャマ姿だったということです。

自宅に送り届けた際、次女がいなかったため2人に事情を聞いたところ「遺体が埋まっている」などと話しました。警察官が捜索し、遺体を見つけたということです。

自宅には次男とみられる乳児がいましたが、出生届は出されていませんでした。

近所の住民:「1歳くらいの子と2歳から4歳くらいの子…合計3人で見たことがあった。4人(家族)だったんだ…という感じ」

亡くなった状況については、2人の供述に食い違う部分があり、警察は引き続き慎重に捜査しています。

https://www.uhb.jp/news/single.html?id=13467

次女、昨春ごろは無事 旭川遺棄事件 市が訪問、外傷なし

【旭川】旭川市永山の無職京田陵(38)と妻の無職麻理乃(36)の両容疑者が次女とみられる乳児の遺体を自宅庭に遺棄した疑いで逮捕された事件で、次女が昨年春ごろ、旭川市による乳幼児健診に伴う家庭訪問で、無事な姿を確認されていたことが3日、関係者への取材で分かった。

健診時は生後7カ月前後だったとみられ、虐待をうかがわせる外傷や、やせすぎなどの症状はなかったという。次女はその後数カ月の間に死亡したとみられ、旭川東署で死亡の経緯を調べている。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/437195

普通に見えた家庭で一体何が 北海道旭川の死体遺棄事件

北海道旭川市の夫婦が、二女とみられる遺体を埋めた疑いで逮捕された事件。STVが入手した防犯カメラに映っていたのは事件発覚のきっかけとなった「2人の迷子」。取材を進めていくと、「普通の家族」を取り巻く謎の状況が浮かび上がってきました。

交通量が多い朝の国道沿いの道路を、小さな子どもが2人で歩く様子が先月29日、午前8時半ごろの防犯カメラの映像にありました。別のカメラでは子どもたちがパジャマのようなものを着ている様子が確認できました。2人は、死体遺棄の疑いで逮捕された夫婦の長女と長男とみられています。

生野記者リポート
「京田容疑者がいま警察署から出てきました」
平野記者リポート
「麻理乃容疑者がいま警察署から出てきました」
死体遺棄の疑いが持たれている旭川市の京田陵容疑者と妻の麻理乃容疑者です。夫婦は、当時0歳の二女とみられる遺体を自宅敷地内に埋めたとされています。逮捕のきっかけのとなったのは5歳の長女と3歳の長男が警察に保護されたことでした。
「おじいちゃんの家に行く」
パトロール中の警察官にそう話したという2人。

目撃者
「子どもだけが警官に囲まれて迷子なのかな、でも朝早いからおかしい感じだなと思っていた」
警察官が2人を自宅に送り届けたところ家にはもう1人の子どもがいました。この子どもを夫婦の一方が「二女」とうその説明をしました。京田容疑者には戸籍上、子どもが3人います。しかし不審に思った警察が調べたところ出生届が出ていない「二男」だと判明。2人の話から二女の行方を捜すと敷地内の土の中から布に包まれた状態の遺体が発見されたのです。

平野記者リポート
「去年2月に市の保健師が家庭訪問した際、二女の無事を確認していたということです」
旭川市の関係者によりますと去年2月、市の保健師が二女を家庭訪問。その際には虐待などの兆候はなかったといいます。一方、司法解剖の結果、二女とみられる遺体は去年7月ごろに死亡したことが分かっています。捜査関係者によると遺体の頭にはけがをした痕跡があり警察は死因との関連を慎重に捜査しています。

近所の会社の人
「(京田陵容疑者は)普通の「イクメン」というか子どもの面倒をちゃんと見るイメージ。どんなことで起きたのか想像がつかない」
「普通に見えた家庭」に一体何があったのか。夫婦は「二女が死んだことを隠すために埋めた」などと容疑を認めているものの、死亡した理由について供述は食い違っているということです。

https://www.stv.jp/news/stvnews/u3f86t0000089b7e.html

おすすめの記事

-ニュース

Copyright© みんなのあさひかわ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.