ニュース 飲酒

「酒は抜けていると思っていた」早朝の“3・6街”で不自然な走行、酒気帯び運転の50歳の男を逮捕

17日朝、北海道旭川市で酒気帯び運転したとして、50歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、旭川市神居町に住む50歳の自称・団体職員の男です。

警察によりますと、17日午前7時半ごろ、旭川市4条通6丁目付近で、パトロール中の警察官が不自然な走行をしている乗用車に気づき、停止させました。

職務質問の際、運転の男に酒の臭いがすることに気づき、呼気検査すると、酒気帯び運転の基準を超えるアルコールが検出されたため、その場で男を逮捕しました。

取り調べに対して50歳の自称・団体職員の男は「酒は抜けていると思っていた」などと話しているということです。

現場は、旭川市中心部の歓楽街、通称“3・6街”の一角で、警察は、男が、どこでどれくらいの酒を飲んで運転したのか、裏づけをすすめています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/774d4ff9a88f630134f2e2e3b8649c6c673265ce

おすすめの記事

-ニュース, 飲酒

Copyright© みんなのあさひかわ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.